組織を引っ張っていくためのリーダー論

リーダーシップとは何か?

人が存在している限り、需要はなくなることがない。その需要は、生物の進化が速すぎるのと同じで、どんどん変化していくものである。「世の中は三日見ぬ間の桜かな」と誰かがいったように、昔から世界は変化していって当たり前だ。とされてきたが、最近の変化は、とくに激しくなっている。


その変化が年々加速していき、昔は十年に一度区切りとしていたが、それが五年、三年とどんどん早くなっていき、ついに一年一昔とまで言われるようになった。よく考えれば、昔の十倍もの速さということだ。舵を取るのも一苦労ということだ。だからこそ、時の流れは、需要の変化といえるのだ。


気を抜いていると、どんどん時間は過ぎ去っていく。なので、それに負けないためにも、常に周りを見て振り回されないようにする工夫が必要なのである。


世界がどう変わろうと、その流れに逆らわなければいいのだ。むしろ、変化に変化で対応すれば、流されることもなく、利用することができるのだ。変化に変化で対応するのがリーダーシップといえよう。具体的に言うと


そうすれば組織を円滑に動かすことができる。この二点がリーダーシップだ。このサイトでは、いかにして人を引っ張っていくのかということを追求していく。仕事で部下やチームを持っている人は、参考にしてほしい。